あなたのiPhone 6Sは大丈夫?本体が腐食しちゃうんですって…。


iPhone 6S 腐食 画像

当サイト「カチレコーズ」へお越しいただきありがとうございます。
管理人のKazu-yanでございます。

管理人が愛して止まないスマートフォン。

iPhone

2008年に日本にiPhone 3Gが上陸した際、
16時間並んで手に入れた瞬間は、
今も忘れられません。

iPhone 3G (32GB ブラック) … 2008年

iPhone 4 (32GB ブラック) … 2010年

iPhone 5 (32GB ホワイト) … 2012年

iPhone 6 (16GB ゴールド) … 2014年

iPhone 6S (64GB ローズゴールド) … 2015年

こんな感じでず~っとiPhoneを愛用しています。

どれぐらい好きかと言うと・・・

2008年にiPhoneを買った時に、
Windowsとの親和性があまりに低い事にイラつき、
iMacを勢いで買ってMacに乗り換えてしまったほど(笑)

で、使っていて大きなハードウェアのトラブルに見舞われたことは、
過去に一度もなく、現時点でも特に無いのですが・・・。

今日は、とても気になるiPhoneのトラブル情報を見ましたので、
管理人同様にiPhoneを愛用している方向けに、
この記事でその情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

トラブルは突然に?

iPhone 6S 腐食 画像

あなたが使っているiPhone、
最近の調子はどうですか?

絶好調?それとも騙し騙し使ってます?

管理人はまぁまぁってとこです。
強いて言うなら、バッテリーがもう少し長持ちして欲しい・・・。

で、今日の本題です。

ななななんと・・・。

iPhone 6S をお使いの一部の方の本体で、
なぜか腐食が発生しちゃう
という問題が発生しているそうなんです。

「腐食」って言っても、
ちょっぴりピンと来ませんよね?

正直、管理人も最初聞いた時は、
全然ピンと来ませんでした。

だって、iPhoneのボディはアルミ製。
スチールとかじゃないし、腐食する要素無いじゃんって。

でもどうやら管理人が浅はかだったみたいなんです。
アルミでも腐食することはあるんですって。

で、実際どういう風になっているかというと・・・。
これがその写真です。

iPhone 6S 腐食 画像

iPhone 6S 腐食 画像

ね。

結構腐食してますよね。

自分の大切なiPhoneがある日こんな姿になったら・・・。
想像するだけで、かな~り沈んだ気持ちになりますね。

で、どうしてこんなことが起こってしまうのか、
気になるので調べてみました。

ねらいが仇になりました

iPhone 6S 腐食 画像

で、原因です。

iPhone 6Sに使われている、
7000番台のアルミニウム合金

これが今回のこのトラブルの原因なんだそう。

7000番台のアルミには、
iPhone 6 で使われていた6000番台のアルミと比べて、
強度が強い、曲がりに強いという特徴があります。

ここで「曲がりに強い」というフレーズを見てピンと来たあなた。
あなたは、相当のiPhoneオタクですね。

そう。
iPhone 6のラインアップで初登場したiPhone 6 Plusが、
常識的な使用しかしていないのに、なぜか曲がってしまったという報告が1年前に相次いだのです。

このときAppleには相当数のクレームが上げられたんだとか。
で、当然そこは改善しようと考え、今度はより硬い7000番台のアルミを使うことにしました。

ところがこの7000番台のアルミには、
6000番台のものより多くの亜鉛が含まれているため、
より腐食してしまいやすい
というネガティブな特徴があったのです。

Appleもこのことは設計時から把握していたようで、
当然これまでよりも表面のコーティングを厚くすることで対策を行いました。

で、現在。
コーティングを厚くし対策されたはずのiPhone 6S本体で、
実際に腐食が発生しているユーザーが相当数いるという・・・。

これ、高温多湿な環境だと特に発生しやすいんだそうです。

「高温多湿」って・・・。日本じゃ夏とか普通にあり得る環境です。
南方の地域にお住いの方とか、世界で言えば南国の方とか、
一体どうするんでしょうって感じです。

ちなみに当のAppleは、
これらのユーザーからの問い合わせに対して、
現在この問題を解決する方法は無い」と回答しているんだとか。

いや~・・・。
「方法は無い] のは分かるんですけどね。
せめて、交換対応しますとか、もうちょっとマシな対応は無いんでしょうか?

実際、iPhone 6Sからは本体価格がかな~り上がりました。
ミドルクラスのiPhone 6Sの64GBモデルですら、
価格は10万円を超えてます。

10万円を超える買い物をして、
まだ1年も経ってないのにボディが腐食なんてしたら・・・。

正直怒ってAppleに問い合わせましたって言われても、
管理人ならかなり気持ち的に同情しちゃいますね。

ってか、保証期間内でも交換できないものなんでしょうか?

早く何かしらの手立てが見つかって、
Appleから問題に対する表明が出たり、
この問題が発生してしまったユーザーが、
ちゃんと補償されたりするといいのですが。。。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

当サイト「カチレコーズ」では今後もApple製品の情報をどんどん発信していきます。
ぜひブックマークしていただいて、また遊びにいらしてくださいね^^

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ