英会話を独学で学習して習得!かつ上達し続けるコツ!(最初の一歩篇)


英語 画像

最近ますます必要とされるようになった、『英会話』 のスキル
今、あなたはどれぐらい英語を話せますか?

「道案内ぐらいならなんとか」
「まったく単語も出てきません」
「ノリで話してもいいなら結構イケると思う」

などなど、様々なレベルの方がいらっしゃるかと思います。

当サイトの管理人である私も、実は社会人になったしばらく後まで
何を隠そう、中卒レベルの英語力 (それすら怪しかったのですが・・・) しかありませんでした。

同僚から英語でメールが来ても、ちんぷんかんぷん
単語の意味はなんとな~く分かっても、文章で理解できないから「何が言いたい」のかサッパリ。
こんな状態ですから、当然外国人の同僚に話しかけられても全く応対もできないという状態でした。

ですが、ある学習方法を用いることで、私の英語力は激変しました。
具体的には、『1 年間』 で読み書きだけではなく、会話まで少しだけながらできるようになったのです。

今日はあなたに。その学習のコツを 『最初の一歩篇』 としてお教えしていきます!

※具体的な教材 (全部書店や Amazon で買えるものですのでご安心ください。) は次の 『実践編』 でお届けしますよ~。

スポンサーリンク

英会話を独学で学習・習得しよう!

英語 画像

あなたは英会話に対してどんなイメージをお持ちでしょうか?

「書けないんだから話せるわけない」
「大人になってから勉強しても話せるようにならない」
「高額な英会話スクールに通い続ける必要がある」

他にもたくさんのイメージがあると思います。
特に、英会話の勉強は、英会話スクールに通って外国人と話をしないと身につかないと思っている方
本当に、とっても多いんです!

間違いとは言いませんが、大人になるまで会話ができるようになっていない
大学生の時以来、英語は勉強していないという方にとっては
はっきり言って、かなり遠回りな手法です。

そんなことしなくても、きちんとステップアップできます。
具体的には、以下の手順を踏みます。

はじめに

英語 画像

英語を勉強して何ができるようになりたいのか、どんな自分になりたいのか、具体的に書き出してみましょう。

「通訳になる」
「ハワイで英語を使って買い物してみる」
「外国人の友人を作る」

なんでもいいです。
あなたが英語を勉強したいと思う自分だけのきっかけを、どんなにおおげさでも構わないのでどんどん書き出してみてください。

この時、「会社に勉強するように言われてから」 といったように、他方からのベクトルでの理由だけを挙げるのはやめましょう。
きっかけはそうでも、その学習の結果として 「〇〇を叶えたい」 という自分の願望を書き出すようにしてください。

私は、「外国の映画を吹き替え無しで見て、かつ外国人の友人を作り一緒に感想を語り合う。できればお酒を飲みながら。1年以内に!!!」
という目標を最初に書きました。

で、叶ったかどうかでいいますと、叶いました!
もちろん、絵に描いたようにペラペラ言いたいことを全部語れるというレベルには、まだちょっと届きませんが。
少なくとも何が面白かったのか、どの役者さんのどのような台詞が好きなのか、そんなレベルのことであれば語り合えるようになりましたよ^^

さて、書けたら、それをいつまでに実現したいのかも具体的に決めます。
無理なスケジュールと感じても、とりあえず書いてみてください。(それまでに実現できなくても、誰もあなたを責めませんので大丈夫!私も 1 年じゃ叶えられませんでしたし・・・。)

書き出したら、できるだけ毎日目にする場所に、それを貼ってください。
トイレだとか、携帯電話の待ち受けだとか何でも構いません。

こうすると、自分の目標と毎日しっかりと向き合って
日々、心機一転して学習できるようになるきっかけを作れます。

1. 自分の力量を把握する

まず、あなたがどれぐらい読み書き、リスニング、スピーキングができるかを
おおまかにで構いませんので把握しましょう。

具体的には以下の確認方法で OK です。

読み書き: 電車やお店などに書かれている英語での注意書きや説明文が概ね理解できるか
リスニング: 電車内などで流れる、日本人が発する英語でのアナウンスが理解できるか (電車に乗らない方は、大型書店でリスニング教材のサンプル音声が聴けますので、それがなんとなくでも理解できるか)
スピーキング: たどたどしくても、発音がめちゃくちゃでも構わないので、自分の今日したことを英語で説明できるか

いずれかができた!というあなたは素晴らしいです。
今の段階で相当の英語力をすでにお持ちですね。
それだけの英語力をすでにお持ちであれば大丈夫!これからの学習も自信をもって取り組みましょう^^

どれも全くできなかったよ!というあなた
落ち込む必要は一切ありません!私も全くできませんでしたので安心してください。
最も大事なのは、これから自分が望む結果を得られるかどうか!今の時点の英語力を悲観する必要はありませんよ~。

2. 自分に最適な学習量を計測する

あなたの一日の生活の中で、どれだけ英語学習に時間を割けるかを計測します。
曜日によってバラつきがある場合は、平均化しても OK です。

また、ゲームや読書などの趣味をお持ちの方は、その趣味をガマンする必要はありません
ただ、それらに割く時間のうちの 10 分だけでも構わないので、英語に使っていただけると素敵です^^

目安としては、一日最低 30 分、理想としては 60 分以上を使えるように調整しましょう。
さらに、一週間で〇時間は勉強する!という週の目安量も一緒に決めておいてください。

管理人は少なくとも毎日 90 分、できる時には 180 分やっていました。

3. 学習を「習慣化」する

せっかく勉強を始めても、三日坊主で続かないのでは意味がありません。

特に、英語学習の成長曲線は、スムーズな右肩上がりには絶対になりませんので
最初のうちは成果は目に見えて現れないということは、ぜひ覚えておいてください。

「2. 自分に最適な学習量を計測する」 で作った時間を基に学習を開始していきます。
この時、「必ず毎日やる」 と決めてしまう必要は全くありません。(できるに越したことはないですが^^;)

一週間のうち少なくとも 1 日だけは、バッファとして確保しておいて
飲み会や急な外出などで勉強ができなくなっても、週トータルで総学習時間のつじつまが合うようにしておきましょう。

また、30分と決めた時間が取れなかったときには、バッファとして設けた日に調整したり
次の日にその分を勉強したりといったように調整しましょう。

また、くれぐれもバッファの日に終日勉強するからいいや~、とサボるのはやめましょう。
勉強を習慣化するためには、できるだけ毎日少しずつでもいいから英語と向き合うことが最も肝要です。
バッファはあくまでもバッファなので、それに甘えてしまって、週の中でその日しか勉強しないということにならないようにしてくださいね^^

ダメなのであれば、15 分、30 分、例えばトイレにこもる時だけでもやる!といったように工夫しましょう。
私は会社でトイレに行く度に単語帳をもっていって、勉強していました。だいたい 5 分ぐらいずつ。
これでも 6 回トイレに行けば 30 分ですよ!

英会話を独学で上達させ続けるコツとは!?

↑ で紹介した手法にしたがって英語学習を習慣化できてくると
「英語学習しない日はなんだか気持ちが悪い」 という状態になってきます。

そこまではハマれないにしても、「勉強しないと悪い気がする」 という状態になればしめたもの。
あなたの勉強が次第に習慣に変わりつつある何よりの証拠です。

こうなれば、たとえ独学であっても上達し続けることができるようになっていきます。

自分の時は 1 か月毎日続けたあたりで、勉強しないと気持ち悪くなってきました。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では 『最初の一歩篇』 ということで
教材や学習そのものの説明はひとまず省いて、どのように学習の下準備をするかを説明しました。

管理人は高校もサボりまくりで大学も遊びまくり、英語は高校受験を最後に勉強していない落ちこぼれでした。
ですが、そんな状態からでも、外国人の友人と二人で遊びに出かけたりできるようにまでなりました。(当然会話はすべて英語です)

特別なことは何もしていません。
ただ、こつこつと習慣化して勉強してきただけです。

まずはあなたが英語を勉強する理由を強くイメージしてください。
そして、ぜひその夢を叶えましょう。

大丈夫、あなたならできます!

【次の記事もぜひどうぞ】

英会話を独学で学習して習得!かつ上達し続けるコツ!(実践篇①)

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

One Response to “英会話を独学で学習して習得!かつ上達し続けるコツ!(最初の一歩篇)”

  1. […] ※ このコンテンツをお読みいただく前に、以下の最初の一歩篇を読んでおくとスムーズに学習方法を学べます。 英会話を独学で学習して習得!かつ上達し続けるコツ!(最初の一歩篇) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ