英会話を独学で学習して習得!かつ上達し続けるコツ!(実践篇①)


英語 画像

当サイト「カチレコーズ」へお越しいただき、ありがとうございます!
管理人の Kazu-yan でございます。

大変長らくお待たせいたしました。
『英会話を独学で習得!かつ上達し続けるコツ!(実践篇①)』 を公開いたします!

本コンテンツは、中学レベルの英語力しか持っていなかった管理人が、
アジア太平洋の多国籍な同僚達と仕事できるようになるまでに実践した英会話学習方法
を、
なんと 『完全無料』 でカチレコーズをご愛読の皆さまへお届けするシリーズです。

何ら特別な訓練や高額な教材を購入する必要はありませんのでご安心ください^^

それでは実践編①、はじめます!

※ このコンテンツをお読みいただく前に、以下の最初の一歩篇を読んでおくとスムーズに学習方法を学べます。
英会話を独学で学習して習得!かつ上達し続けるコツ!(最初の一歩篇)

スポンサーリンク

学習を始める前に

この学習方法 (これから「リプロメソッド」と呼びます) は、コツコツ淡々と実践していただければ必ず結果が出る方法です。
非常に再現性が高く、かつどなたでも取り組んでいただける方法ですので、ぜひ自信をもって取り組みましょう。

英語学習はギャンブルのように一朝一夕で成功できるようなものではありません。
日々の積み重ねが、気が付いた時の「分かる!」という喜びを生みます。

ですから、1 か月やそこらで結果が出ないことを憂いて学習を辞めてしまう、ということは無いようにしましょう。
もしどうしても不安や悩みがあるというあなたは、ぜひ本ページのお問い合わせページから管理人まで相談のメールを送ってください!
24 時間以内にお返事いたします!!

まずこの教材を買おう!

この方法で学習を開始・実践していただく前に
管理人が実際に使用して使いやすかった推薦教材を以下に記載します。

①ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

英語 画像

英文がまとまったセンテンスとして見れない
単語単語の意味が分かっているのに、文章全体の意図が見えない

そういった悩みをお持ちの方はぜひ最初にこの本を読んでみてください。
難しい文法用語など一切使用せず、平易な言葉だけで英語をわかりやすく解説しています。

目からウロコ間違いなし!の一冊です。

なお、管理人はこの本を読んで 「分かった!」 気になりましたが、
翌日会社に行ってメールを読んだところ、全然理解できませんでした(笑) 何事も反復が大事だなぁと痛感しました。

ブックオフでよく 100 円で売っていますので、新品で購入する必要はありません。
どうしてもお近くの店舗で見つからないという場合は、新品で購入してください。

②陰山英男の反復練習 大人の中学英文法ドリル

英語 画像

中学文法レベルは完全に理解できている」という自信がある場合は買わなくて OK です。

大人になってから英語学習をやり直す場合、中学英語のイロハも忘れてしまっていることがとても多いです。
管理人も実際そうでした^^; 何度読んでも腑に落ちないことがたくさん。どれだけ忘れているんだと絶望したものです。

ですが、英語の構造からやり直すための基礎はまさにここから始まります。
いい基礎がなければいい家も建ちません。ぜひ中学英語からやり直しましょう。

③データベース1700使える英単語・熟語

英語 画像

ベーシックな英単語を身に着けるための最初の一冊です。
日常会話レベルであれば、この単語帳に書かれている単語のみマスターしていれば十分です。
実際、ネイティブの日常会話で使用されている英単語の数も、せいぜい多くても 1500 単語ぐらいと検証されています。

私もほとんどこの本で覚えた単語のみで仕事をしています。
難解な単語はそのあとに次のステップとして覚えればよいので、自信をもってこの本をマスターしましょう!

買った教材でどう勉強するのか?

このセクションでは、各教材をどのように使っていくか、
そのノウハウを説明していきます。

①ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

読むだけで OK です!
しかしながら、腑に落ちないポイントはぜひ印をつけていただいて、
スッキリするまで何度も読み返してみてください。

大体 5 回ぐらい読むと腑に落ちてきます。

②陰山英男の反復練習 大人の中学英文法ドリル

まずは一通り最初から目を通します。
ここからがポイントですが、初回の通読では決して内容を読み込まないでください

あくまで「理解している部分」と「理解できない部分」の仕分けだけを行ってください。
冒頭から読んでいって、理解している部分はそのまま放置、
理解していない部分だけ蛍光ペンでハイライトしてください。

切り分けの基準は・・・

「理解している部分」は、他人に自信をもって教えられるレベルで理解していること
「理解していない部分」は、他人に教えるには多少不安があるもの、またはそれ以下のもの全て

としてください。

この作業を終わりまで繰り返し、あなたが理解できてない部分を洗い出したら
はじめて読み込みに入ります。

この時は、あくまで理解できていない部分だけを読んでください。
また、随所にある問題も必ず解き、付属の CD も聞くようにします。

これを理解できていないパートすべてで行います。
ここまで行ったら、再度切り分けを実施します。

完全に理解できた部分には丸印を、理解できなかった部分にはページを折るなどして印をつけましょう。
そして理解できなかった部分を再度繰り返し読み込み、練習問題を解いていきます。CD も同様に聞き続けてください。

私が初回に仕分けをした時には、ほぼすべてが色付きになりました。
まぁそれぐらいダメな奴でも話せるようになるということですから、ご安心ください。

③データベース1700使える英単語・熟語

こちらも②同様の手法で実践します。
初回は「覚えている単語」と「覚えていない単語」の仕分け、
2回目から「覚えていない単語」のみを覚えるまで反復して学習します。

こちらも付属 CD も必ず聞いてくださいね。
(単語を正しいアクセントで発音できることは、英会話上達への大きな近道になります。ぜひアクセントも覚えましょう。)

なお、単語を覚える際には、必ず品詞も一緒に覚えてください。
「move 動く 動詞、School 学校 名詞、Strongly 強力に 副詞」といった具合です。
品詞を覚えると、文法を学習していく上で、どの単語が文章のどこに入るのか、どこには入れられないのか
簡単に判別できるようになりますので、品詞も必ず一緒に覚えましょう。

段々とリズムよくできるようになり、楽しくなってきます(笑)

この繰り返しを毎日少しずつでもいいので実施、
これらの教材で「理解していない部分」がなくなるまでやり続けます。

時間を置くと忘却曲線によって「理解している部分」が「理解していない部分」に戻ることも多々あります。
あなたの記憶が「一時記憶」から「短期記憶」、そして「長期記憶」へと昇華するまで、ぜひこの学習を継続してください。

②と③の教材で文法が少しずつつかめてきたら、ぜひ簡単な日記を英語で書いてみてください。
最初は数行でも構いません。例えば

「今日は疲れました。だから早く寝るつもりです。」なら
“I am tired today so I am will sleep early.” だとか
“I will sleep early because I am tired today.” といった具合です。

最初から何行も無理に書こうとする必要はありません。
英語力が身についてくれば自然に書きたくなり、長文が書けるようになってきます。

なぜ「英会話学習」なのに「基礎の英語学習」から始めるのか

大人になってしまうと、聞き流すだけ、話そうとしてみるだけでは英会話力が身につきません。
まず脳みそで論理的に構造やルールを理解し、それからその構造を用いて英作文ができるようになり、
そして最後には自分の口から英作文ができる感覚が養われ、会話がスムーズに行えるようになっていくのです。

個人差はもちろんありますが、毎日90分コツコツ続ければ
3か月目ぐらいにはかなりスムーズに英文を書けるようになるはずです。(私の経験では、なので個人差が少しは生じると思います。)

そうなればしめたもの!
楽しんで学習を継続できるようになりますよ^^

もちろん90分は義務ではありません。
ですが、少なくとも60分は毎日継続して続けることを強く推奨します

さいごに

いかがでしたでしょうか?

当サイト「カチレコーズ」では、今後もシリーズでこのリプロメソッドを無料公開していきます!
ぜひお気に入りに登録していただいて、今後の記事も読んでみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

One Response to “英会話を独学で学習して習得!かつ上達し続けるコツ!(実践篇①)”

  1. […] 英会話を独学で学習して習得!かつ上達し続けるコツ!(実践篇①) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ