ランニングダイエットの効果を自分で検証!ブログでまとめてみた~開始編~


ランニング ダイエット 画像

古くから、「ダイエットしたい。運動しなきゃ」となると、
まず最初に思い浮かぶのは「ランニング」ですよね。

この企画(?)では、管理人自らがランニングダイエットに挑戦し、
その感想や効果、身をもって体験した学びなどをシェアしたいと思います。

そもそもなぜ管理人は痩せたいのか。
最初にまとめると・・・

・直近3年で、10kgほどの体重増加 (元通りに戻したい)
・いくつかお気に入りの服が着れなくなった (再び着れるようにしたい)
・明らかに体が重く感じる (以前はそんなこと無かった)
・健康診断の脂肪関連の項目で「C」をつけられた (ずっとAだった)
・顔がパンパン (免許更新で写真取り直して気づいた)

最初に書き出すと結構ありますね^^;

そんなわけで、意地でも痩せたいということで、
ランニングダイエットを開始することになりました。

スポンサーリンク

ランニングダイエットの効果を自分で検証!途中経過は?

ランニング ダイエット 画像

実はこの記事を書く1か月ほど前から、
すでにランニングダイエットを開始していました。

「え?これから開始じゃないの?」
そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

なぜある程度継続してから記事にしたかというと、
三日坊主を恐れていたから」です(爆)

ランニングというのは慣れるまでは結構しんどいです。
筋肉痛にもなるし、最初は成果が見えないし、
体重もすぐ戻るし。。。

なので、先に記事にしてしまって、
三日坊主で終わってしまったら申し訳ないので、
まずはちゃんと一か月続けてから記事にしたというわけです。

で、実際1か月しっかり継続してみた結果はどうなのか?
この場で共有したいと思います。

まずはランニングダイエットを開始する前の数値です。

性別:男性
身長180cm

体重:82kg
体脂肪率:24%

で、1か月継続した後の数値はというと

体重78kg
体脂肪率22%

まずは最初の1か月で4kgの減量に成功しました。
当然、減り具合には個人差があると思います。

ですが、1か月しっかりと続けられたら、
1~2kgぐらいは誤差ではなく減らせるのではないかなと感じました。

ちなみにランニングの頻度などはこちらです。

頻度:週5回
2日走って1日休む、3日走って1日休む、の繰り返し
朝起きてすぐ、または夜空腹時のいずれか
タイム:30分 (約8分/1キロ走行にかかる分数)

ダイエットを目的にしたランニングでは、
息が切れて辛くなるほどの速度で走る必要はありません。

のんびりと、会話できるぐらいの速度で十分です。
で、後は速度の上がりすぎに気を付けて、
気持ちよく感じられる速度を維持します。

これだけでも、しっかり続けたら↑のような成果が出ました^^

もしも続けていて段々とランニングの楽しさにのめり込んで来たら、
もっとタイムを追求したり、走り方を変えてもいいかもしれません。

では、次のセクションでは、
実際に走ってみて実感した注意点などをまとめます。

ランニングダイエットを続けるための注意点は?

ランニング ダイエット 画像

今回1か月ランニングダイエットを続けてみて、
気がついた注意点がいくつかあります。

これが無かったら続けられなかったかも?
というものもありますので、ぜひ参考にされてみてください^^

モチベーションを保つコツ?

ランニング ダイエット 画像

最初の方でも書きましたが、
ランニングダイエットはすぐには結果が出ません。

しばらく続けてようやく
あれ?もしかしてちょっと痩せた?
と思うレベルでちょっとだけ体系に変化が出る感じです^^;

体重計に毎日乗っても、
10日で1kg前後の減りしか見られませんでした。

たった1kg減だと、それが汗や排出物による減少なのか、
脂肪が減っての減少なのか全然分からなかったです。

ただ、体脂肪率がじわりじわりと減ってきていたので、
体重に関してはあまり気にしていませんでした。

ランニングを趣味にしている知人も、
走るとラン用の筋肉が増えて体重は結局あまり減らない
と言っていたので、体重では一喜一憂しない方がいいです。

管理人的には、
開始時点の体、毎日のランニング後の体の写真を撮影・比較することが、
意外にもかなりのモチベーションになりました。

特に鎖骨や首周り、胸のあたり、、
少しずつ骨格や筋肉の線が見えるようになってきて、
痩せてきている!というのが目に見えて実感できたんですよ!
(ただしビール腹だけはなかなか減らないんですよね・・・涙)

どうせ写真は自分しか見ないので、
恥ずかしがらずにやってることをオススメします。

ケガを防ごう

ランニング ダイエット 画像

ランニングを続ける上で必ずぶつかる課題が、
痛み、体形の変化との付き合い方です。

特に痛みは、続けるモチベーションに大きく響きますので、
自分なりの付き合い方を見つけるまでは、
無理をしないで続けることが大事です。

特に多く発生するのは

・筋肉痛

走るのがしんどい程であれば、
無理せずその日は歩きに切り替えたり、休んだりしましょう。

段々ならなくなってくるので、
それまではモチベーションのためにも、
無理せずに体を休めることに集中することも大切です。

・膝・足首・股関節痛

これも最初の頃は現れやすかったです。
関節そのものが故障したのかと思うレベルのものも起こります。

ですが、休めば治ってしまうものがほとんどだったので、
結局筋肉痛だったのかもしれません。

あと、膝には一番負担が大きい箇所なので、
必ず毎回アイシングすることを強くおすすめします。

スポーツショップなどで、
関節アイシング用の氷のうとサポーターが売っていますので、
走り終わったらそれに水と氷を入れて、30分ほど冷やしましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

ランニングダイエット、これからも継続して定期的に記事にしてまとめていきますね。
ぜひ当サイト「カチレコーズ」をブックマークしていただいて、次の記事も読みにいらしてください^^

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ