ソーダストリーム買いました!気になる使い方や価格とコスパは?


ソーダ 画像

当サイト 「カチレコーズ」 にお越しいただきありがとうございます!
管理人の Kazu-yan です。

以前に ↓ の記事でも散々まとめた、炭酸水を自作できる奇跡のマシーン「ソーダストリーム」

ソーダストリームのコスパはお得?維持費の値段や感想まとめ!

実は、このマシーンをとうとう我が家にも購入・導入したんです。
どれほどの使い心地なのか、
炭酸水はウマいのか、

気になる皆さんのために、さっそく購入後のレポートをお届けします。

スポンサーリンク

ソーダストリーム買いました!

というわけで、管理人はソーダストリームを手に入れた。

じゃん!

ソーダストリーム 画像

思っていたよりも大きかったですよ。はい。
(背景がごちゃごちゃしているのはご愛敬ということで^^;)

大きいサイズ (1.5L) のペットボトルよりも少し背が高い本体と、
小さいサイズ (500ml) のペットボトルよりも少し背が高いボトル、
この 2 点がセットになっています。

こんな感じです。

ソーダストリーム 画像

それと、本体に組み込んで使用する、二酸化炭素のボンベも、
一本が本体同梱で付属してきます。

それがコチラ。

ソーダストリーム 画像

この二酸化炭素のボンベに入っているガスで、
水を炭酸水にクラスチェンジさせることができるということですね。

開封したからにはさっそく使用せねばならぬということで、
次はいよいよ使用編です。

ソーダストリーム・気になる使い方は?

このソーダストリームという商品。
管理人が某家電量販店で購入してきて一番驚いたことがあります。

それは・・・

な、なんと・・・

電源を使う必要が一切無い

だ、大事なことだから、もう一回言うぜ・・・?

電源を使う必用が一切無いんだッ!

あ、しつこい?
こりゃ大変失礼いたしました。
あまりの衝撃と感動に、つい表現がくどくなってしまいました^^;

最近、大河ドラマ「真田丸」関係の記事ばっかり書いていて、
こういう日常系の発信を全然していなかったので、ついつい楽しくって。

あ、真田丸関連の記事をお読みになりたい方、
感想まとめはこちらあらすじまとめはコチラにありますので、合わせてぜひ!

では、話を戻すことにして。

そうなんですよ。
このソーダストリームという商品、
実際に購入して開封するまでは、当然電源が必要だろうと思っていたら、
なんとなんと、電源を使う必要は一切なく、本体のみで動作する仕様なんですね。

「本体のみで動作する仕様」と言うと、
大体「ってことは電池がいるんじゃないの?」と思われる方も当然いらっしゃるかもしれません。

でも、大丈夫。
ご安心ください。

電池も一切必要ありません!

付属のボンベを本体にセットして、
あなたの家のお好みの場所に置くだけで OK
なんです!

あとは、ボトルに水を入れて、本体にセットして GO するだけ!

それだけで炭酸水が作れちゃうんですね~。

では、実際の使い方を紹介していきたいと思います。

①ボトルに水を入れる

付属のボトル (1L) に水を入れます。

水はミネラルウォーターでも、水道水でも、
「水」であればなんでもかまいません。

水の量り方はとっても簡単です。
ボトル本体に目安となる線が記載されていますので、
この線の少し下ぐらいまで水を入れれば OK
なんです。

ソーダストリーム 画像

このとき、決してこの線より上まで水を注いでしまわないよう注意します。

②本体にボトルをセットする

①の手順で水を注いだボトルを本体にセットします。

ソーダストリーム 画像

方法はとっても簡単で、
フタをしていないボトルを本体側のノズルに沿って差し込んで、
ノズルごとまっすぐ奥まで倒すだけです。(ノズルは最初ナナメに起きています)

ソーダストリーム 画像

これでボトルが落ちてこない状態になれば準備は万端ということになります。
いよいよ、待ちに待った炭酸水を作れるんですね^^

③ボトルに炭酸ガスを注入する

あとは、本体のレバー部分を下に押し下げるだけ。
ググっと押し下げると、炭酸ガスがボトルに注入されていきます。

ソーダストリーム 画像

一回だけ押すと微炭酸。
二回押すと、まぁまぁ普通の炭酸。
三回押すと、非常に強くて喉にくる強炭酸の炭酸水が作れます。

方法はここまで書いてきたとおり、レバーを下へ向けて押し込むだけです。

一応本体のインジケーターが点灯して、
今注入された炭酸ガスでどれぐらいの強さの炭酸水ができているのか、
作っている側の私たちに押してくれる仕組みになっています。

写真で白く点灯している部分が、
そのインジケーターです。

ソーダストリーム 画像

一番下が点灯すると微炭酸。
真ん中まで点灯すると、まぁまぁ普通の炭酸。
一番上まで点灯すると、非常に強くて喉にくる強炭酸の炭酸水ということです。

お好みのインジケーターが点灯したら、
先ほどとは逆の手順でボトルを本体から外せば完成です。

すぐに飲むのであれば、そのままグラスに注ぎましょう。

ソーダストリーム 画像

別のお部屋へ持っていったりする場合は、
付属のボトル用のフタをしっかりと閉めれば OK です。

とっても簡単ですよね?
管理人も、あまりの簡単さに驚きましたよ^^

ソーダストリーム・気になる価格とコスパは?

ここでは、今回ソーダストリームを購入するのに要した費用と、
今後生じるであろうランニングコスト、
そして今まで炭酸水をペットボトルで買っていた際のコストを比較します。

ソーダストリーム本体購入に要した費用

本体:20,490 円 (税込)

これっきりで、本体購入にこれ以外にかかった費用はありません。
この中に、本体、専用ボトル、炭酸ガスのボンベ 1 本が付属します。
ボンベ 1 本で、およそ 60L 分の炭酸水が作れます。

予備のボンベ購入に要した費用

ボンベ 1 本:3,703 円 (税込)

予備のボンベの購入は必須ではありません。
ただ、本体同梱のボンベが空になってしまった場合、
新たなボンベは代金引換の通販でしか購入できないことになっているため、
代替のボンベが届くまでの間はずっと炭酸水を作って飲むことができなくなってしまいます。

となると、炭酸水ジャンキーの管理人としては切ないことになるため、
予備のボンベを購入しておいたという次第です。

この価格は新規購入用のものなので、
交換の場合は 2,160 円で調達できます。

そんなわけで、合計支払額は 24,193 円でした。

参考・ペットボトルで購入していた時の費用

イオンにて、500ml × 24 本のケースをよく買っていました。
月に 3 ケースぐらいの消費ペースです。

リットル換算だと 36L ほどということになります。

1 ケースの単価は税込 1,744 円
3 ケースだと税込み 5,232 円です。

こうやって計算すると、めっちゃ高いですね^^;
しかも大量のペットボトルを捨てる手間も悩みの一つでした。

ソーダストリームで炭酸水を作るコスト

これはシンプルですね。
ボンベの値段 3,703 円を 60L (60000ml – 500ml ボトル 120 本分) で割ればいいんです。

この式で計算すると、500ml あたりの単価は 30.86 円。
ペットボトルよりはるかに安いですね。

交換用ボンベ 2,160 円の場合は、500 ml あたりの単価はたった 18 円
この値段と、通常の 500 ml の炭酸水の商品との差を考えると、
本体に投資する金額の元を取るのはあっという間かと思います。

結論

もっと早くに買っておけばよかった!

飲みたいときにすぐに作れるし、
大量のペットボトルを捨てる手間もナシ。
ハイボールもガバガバ飲む管理人にはぴったりの商品でした。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

当サイト「カチレコーズ」では、
今後も皆さまの役に立つ楽しいガジェット情報をどんどん発信していきます。
ぜひお気に入りに登録していただいて、皆さまの商品購入にお役立てくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

One Response to “ソーダストリーム買いました!気になる使い方や価格とコスパは?”

  1. […] ソーダストリーム買いました!気になる使い方や価格とコスパは? […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ