ソーダストリームのコスパはお得?維持費の値段や感想まとめ!


ソーダ 画像

当サイト 「カチレコーズ」 にお越しいただきありがとうございます!
管理人の Kazu-yan です。

実はず~っと前から気になっていた 『ソーダストリーム
あちらこちらのお店で見かけては、「どんな使い心地なのかなぁ」 「コスパいいのかなあ」
な~んてずっと悶々と考え続けていました。

買うか買わないか。未だに悩んでいます。

いずれにしても、買うならお得度を確認せねばならぬ!ということで
せっかくなので検証した内容を記事として皆さんに共有してしまえと思い立ちました。

これからソーダストリームの購入を検討される方のお役に立てれば幸いです。

その後ようやく購入しました。購入後の記事はこちら!

ソーダストリーム買いました!気になる使い方や価格とコスパは?

スポンサーリンク

ソーダストリームってそもそも何なのか

一言で申し上げるならば 「自家製炭酸水製造マシーン」 です。

このマシーンを導入することで、ペットボトル等でしか入手できない炭酸入り飲料を手軽に自分で作れるようになるのです!
10 日に 1 回は 24 本入りの炭酸水を買っている管理人にとっては、非常に興味深く、できれば導入したい一品なのでございます。

水を炭酸水にすることももちろんですが、
炭酸が抜けてしまった悲しいソフトドリンクの炭酸を自分で復活させることもできるんです。

もう 1.5L の炭酸飲料を買ってきて、
半分ぐらい飲んだ頃に 「炭酸弱くて飲む気失せてきたな・・・」 なんて想いをする必要もなくなるのです!

ぜひとも購入したい・・・。
でもちょっと高いよなあ。

未だ悩む管理人。この記事を書きながらもまだ悩んでいます。

ソーダストリームのコスパはお得なのか否か

ここでは、大真面目にソーダストリームを使用し続けるにあたって必要なコストを計算し、
現在の生活において飲んでいる炭酸水の全量を本製品で作るものに置き換える場合の必要な金額を導きます。

ソーダストリームを使用するためには以下のものが必要となります。

・本体
・専用ボトル
・炭酸ボンベ

・シロップ (炭酸水にフレーバーをつけるための甘いシロップ。管理人は使わないので今回は計算から除外)

本体価格

ソーダストリームの本体にはカテゴリが 3 つあり、それぞのカテゴリで値段がだいぶ変わります。(価格は全て税込)
公式ホームページで調べるに、完成する炭酸水には何ら変わりはない様子。

【スタンダードモデル】

ソーダストリーム Genesis Deluxe (ジェネシス デラックス) スターターキット
12,960 円

【プレミアムモデル】

ソーダストリーム Source Deluxe(ソース デラックス) スターターキット
25,920 円

ソーダストリーム Source (ソース) スターターキット
20,520 円

ソーダストリーム Crystal (クリスタル) スターターキット
17,000 円

【全自動モデル】

ソーダストリーム Source Power(ソース パワー) スターターキット
31,320 円

だとすると、このラインナップと大幅な価格差は一体なんなのか・・・。
ネスプレッソと同じで、本体のデザインと補助機能の充実具合が違うみたいです。

う~ん。だとすると、管理人的には一番安いスタンダードモデルで十分かなぁ。
貧乏性で、どうしても元を取ることを考えてしまうので、だったら初期コストは安いにこしたことはないですしね。

専用ボトル

仮に以下のスタンダードモデルを購入する場合は、1L の炭酸水を作れる専用ボトルが最初から付属してくるそうです。

ソーダストリーム Genesis Deluxe (ジェネシス デラックス) スターターキット
12,960 円

もし 500ml 単位で炭酸水を作りたい場合には、
別売りのボトルセット (専用ボトル500mL 2本セットで 1,944 円) を購入する必要があります。

ソーダ 画像

ボトルを繰り返し使うということは、口をつけて飲むことはできないでしょう。
グラスに注いで使うのであれば、1L も 500ml もさして使い勝手は変わらないので、今回は付属の初期品のみで計算します。

炭酸ボンベ

ソーダ 画像

これも最初から 1 本付属してくるそうです。
標準的な使い方で 60L (500ml 換算で 120 本分) の炭酸水が作れるそう。

120 本てすごいですね・・・。
管理人は一か月で 24 本の箱 × 3 個 = 72 本ぐらい飲むので、2 か月弱ぐらい分に相当する量です。

ソーダ 画像

しかし、交換ボンベは空になったボンベと交換でしか買えないということなので、予備を買っておく必要があります。
ちなみにこの予備ボンベの価格は 3,703 円。その後の交換は 1 回あたり 2,160 円だそうです。

合計価格は?

12,960 円 (本体) + 3,703 円 (予備ボンベ) = 16,663 円

この価格を付属ボンベ + 予備ボンベで作れる 120L の炭酸水 (500ml 換算で 240 本分) で割ると 69.4 円。
これは意外と安い・・・?

長く使えば使うほど、炭酸水をペットボトルで買い続けるより安くなるのは一目瞭然ですが、
初期状態で一本あたり 69.4 円換算で、コストコで炭酸水を 24 本セットで買うよりも安いですね。

ってことは、一回交換ボンベを購入するとさらに 500ml あたりの単価は下がって 52.3 円。
どんどん下がりそうですね!

ソーダストリームの維持費を考えてみる

上でかなり細かく計算しちゃったのですが、純粋に維持に要する費用は交換用炭酸ボンベのコストである 2,160 円のみ。
本体が壊れれば修理費などかかるでしょうが、そこは計算に入れるべきではないのでひとまず除外します。

う~ん、そうすると維持費って完全にこのボンベの費用だけ?
何度調べても、それ以外に必要そうなものってありませんね・・・。

もしかして維持費としては相当優秀なのではないでしょうか。
管理人は今後もずっと炭酸水を毎日飲み続けるでしょうし、それを考えれば相当お買い得ということになります。

ペットボトル捨てたりも面倒ですし。
毎回とっても重い買い物をしているわけですしね。

ソーダストリームを使っている方はどう思っているのか

さて、買うか買わないかを決断する前に気になるのは、すでに使っている人の口コミですよね。
いつもながら、Twitter で先人たちの声を聴いてみることにします。

ソーダ 画像

月に 2,000 円なんて余裕ですばい。

ソーダ 画像

うちも水道水は毎日ろ過して飲んでいるからちょうどいいなぁ・・・。

ソーダ 画像

メロンソーダーも大好きなんだよなぁ・・・。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

こんなに安く簡単に炭酸水を作れるマシーン、ソーダストリーム。
管理人はマジで買おうという方向に傾いてきましたよ。
あと少しだけ悩んで、それでもほしいと思っていたら買うことにします!

2016/3/15
本体買いました。レビュー記事は以下からどうぞ!

ソーダストリーム買いました!気になる使い方や価格とコスパは?

当サイト 「カチレコーズ」 では、今後もあなたの役に立つ情報をどんどん発信していきます!
ぜひお気に入りに登録していただいて、こまめに見にいらしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

One Response to “ソーダストリームのコスパはお得?維持費の値段や感想まとめ!”

  1. […] ソーダストリームのコスパはお得?維持費の値段や感想まとめ! […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ