真田丸・第14話「大阪」の感想!~心機一転~ (ネタバレあり)


真田丸 画像

上田城合戦が終わり、信繁青春篇も完結した 2016 年の大河ドラマ「真田丸
ここからは、大阪において信繁が成長し、これまでよりも飛躍的に活躍する姿が描かれます。

今週は第 14 話「大阪」の感想を、管理人独自の視点でまとめます!

スポンサーリンク

茶々の美しさに驚く

真田丸 画像

いきなり若干ゲスい感想で申し訳ないです・・・(汗)

大阪城にて控える信繁の前に突如現れた茶々。(演:竹内結子)

後に秀吉の側室となり、晩年は秀吉に代わり豊臣家の実権を握った人物ですが、
今は、ただの天真爛漫でかわいらしい女性といった雰囲気です。

現れるなり、信繁の顔をつかみ、「かわいい」と言ってのけ、
梅を失って間もない信繁をドギマギとさせます。

登場のっけから、視聴している世の中の男性陣の心を鷲掴みにしたことでしょう(笑)

いやぁ、正直いって信繁がうらやましい!
一体なんなんですか、この展開は!?

ってか、梅を失って悲しいみたいな雰囲気全開だったのに、
なぜにいきなり顔面掴まれてちょっとデレデレしてるんですか、この人は。
「心が痛いんだろうなぁ・・・。がんばれ!」とか応援してた私の気持ちを返してほしいです(笑)

しかし、管理人もとびっきりの美人に顔を掴まれて「かわいい」とか言われてみたい。
いや、話半分の冗談です・・・^^;

しかも、こんなこと書いていると、「散々私はきり派とか言ってたのにひどい」とか言われそうな気が・・・。
(このサイトの真田丸感想記事を読まれた方は、意味不明な話で申し訳ありません。)

閑話休題。

しかし、この女性が今後、信繁、そして豊臣家の命運を握っていくそうなのですが、
いくら史実にそうあるとはいえ、「本当か?」と思わざるを得ない登場です。

こーんな天真爛漫な人が、どうして史実にあるような激動の晩年を送ることになったのか。
三谷さんの脚本によって、その後はもちろん適切に描かれるのだと思いますが、
今の登場や演じられているキャラクターからは、まったく想像がつきません。

今後どのようにドラマが動いていくのか。
三谷さんの脚本、そして演じ手たちの芝居が楽しみでなりません。

掴みどころのない石田三成

真田丸 画像

更なる新キャラクターとして登場した石田三成。(演:山本耕史)

いやぁ。茶々だけかと思ったんですよね。濃いキャラ枠。

これだけで終わるわけないとは思ったんです。
だって大阪に移って最初の回ですしね。

そしたらまさかの「超・濃いキャラ」として新登場するとは、
正直言って完全に予想外だったと言っても過言ではありません。

実際どんな感じかと言うと、全体的にとにかく塩対応。

「塩対応」というのは最近の流行り言葉かもしれませんので、
念のため一般的な言葉で説明させていただきます。

要は、まったく取り付く島もなく、
つめたーい感じの対応をされてしまうということですね。

具体的に説明すると、基本的に信繁のことは無視。
(本来豊臣側からは招待していない、景勝が勝手に連れてきたから、だと思われる。)

それどころか、招待された上杉の二人に対してもそっけなく、
とにかく事務的な対応ばかり。

「今日の面会は延期となった」
「待たれよ」

こればっかりです。

「こりゃまた濃いキャラクターが出てきたな・・・」と思うぐらい、
今回の大河の石田三成さんは、非常にくどいキャラ立ちをしていると感じますねぇ。

直江兼続とはまた一味違うジャンルではありますが^^;
なんというかクセが強くて、でも長い目で見ていくと段々といいキャラに見えてくる。
そんな雰囲気がこの石田三成という人物からも、ビシビシと漂ってきます。

秀吉の側近として、今後も多数登場することが予想されますので、
きっちこれから面白い姿や愛らしい姿も見ることができるようになっていくでしょう。

期待します!

信尹が家康の家臣に!?

真田丸 画像

石川数正を調略した罪で、ずっと浜松城の牢に囚われていた信尹。
その信尹のもとに家康がやって来て一言。

「儂の家臣になれ」

当然断れば斬り捨てられることになるこの選択。

「裏では兄・昌幸と通じるやも・・・。」

そう言われながらも、家康はそれを承知だと言いのけます。

「では断る理由はありませんな」

そう言って、家康の家臣として召し抱えられることを選択した信尹。
一体この先、どのように真田家と徳川家との間で活動していくのか・・・。

はい、そんなわけで、信尹さんが家康側の家臣になっちゃいました!
管理人としては、これはとても「どっしぇー!」な出来事でした。

何せ、真田家の謀略の中枢を担う一人だったわけですから、
彼が真田家を裏切って徳川側につくというのは、それなりにインパクトがあるわけです。

言葉のとおり、あくまでも最終的には真田側に立ってくれると思いますが、
大どんでん返しで、結局裏切るということもありそうなのが怖いです。

うまく働いてくれることを祈ります!

さいごに

いかがでしたでしょうか。

当サイト「カチレコーズ」では、今後も毎週「真田丸」の感想を発信していきます。
そして今後の放送のあらすじも合わせて公開していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!!

↓過去の放送分の感想まとめはこちら↓

真田丸・感想記事まとめ

真田丸のあらすじをまとめたページはこちら!

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ