真田丸・第17話「再開」の感想!~掌握~ (ネタバレあり)


真田丸 画像

大阪城編も大きく発展を迎えてきた 2016 年の大河ドラマ「真田丸
後半のキーマンとなってくる登場人物もどんどん増えてきて、ますます今後の展開が楽しみになってきました。

今週は第 17 話「再開」の感想を、管理人独自の視点でまとめます!

スポンサーリンク

空回っていた信繁

真田丸 画像

秀吉が真田攻めの許しを徳川に与えたことを知り、
焦り空回る信繁。

秀吉に直接物言いをつけてみたり、
頼み込んでみたりと八方手を尽くしますが、
結局秀吉は取り消す旨の返事をくれることはありませんでした。

このまま徳川が真田に攻め入ってしまえば、
間違いなく真田は滅びる。

そう確信している信繁の焦りは最高潮に達します。

当然、家康も抜かりなく戦の支度を整えています。
片桐且元 (演:小林隆) が浜松城に到着次第、
出陣の準備を完了します。

一方の真田も戦に備えて作戦を話し合いますが、
今一つ覇気が無く、本当に大丈夫なのかという状態・・・。

このまま真田は攻め入られ、滅びてしまうのか。

そう思った矢先のこと。
出雲阿国 (演:シルビア・グラブ) の舞を見ている秀吉、光成より、
戦に待ったをかける連絡を正式に出すことが信繁に伝えられます。

戦の許しを請うて秀吉の顔を立てた家康。
そしてその家康の顔を立てるべく許しを出した秀吉。
ここまでがおあいこ、最後に秀吉が自ら戦の取りやめを指示し一件落着。

いやはや、最初から秀吉と光成はすべてそのつもりで、
ここまで事を進めていたわけだったんですね。

管理人は信繁と一緒になって焦ってしまっていました(苦笑)

「安心せい、真田はわしが守る。」

まさかこんな頼りがいのある言葉までもが、
関白・秀吉の口から飛び出そうとは、
思ってもいませんでした。

秀吉のこの知略。
本当にすごいとしか言えません。

そして、結局焦って走り回っていた信繁の気持ちは、
完全に空回っていただけだったんですね。。。

秀吉も、伊達に天下を手中にしていない、
それだけの知恵、実力をもっていることがよく分かった展開でした。

松再び!

真田丸 画像

出雲阿国の舞に一緒に登場したひとりの踊り子、藤 (演:木村佳乃)

ずっと以前に失ってしまった誰かにとてもよく似ています。

そう、この藤という娘、
かつて琵琶湖に身を投げた信繁の姉・にそっくりなんです。

まさかこんな場所で再開するとは。
信じられないという気持ちを抑えつつも、
阿国を訪ね、松に合わせてくれるよう頼み込みます。

そしていよいよ再開の時。
感動の対面かと思いきや。

松は全く信繁 (ときり) のことは覚えておらず。
人違いではないかと、二人の話を一笑に付します。

松でないはずがないと思いつつも、
本人の言葉をひとまずは受け止めるしかない。
戸惑いながらも、信繁は一度引き下がるのでした。

しかし、まさか記憶喪失になっているなんて、
管理人も、この思いも寄らない展開に正直かなり驚きました。

でもまぁ、あれだけのショックなシチュエーションで、
琵琶湖に身投げなんてしたら、頭を打って記憶が飛んでもおかしくないかもです^^;

近い将来にその記憶が戻ってくれることを祈りましょう!

二人はいい関係!?

真田丸 画像

茶々に気に入られながらも、
決してその魅力になびかない信繁。

この身持ちの固さによって、
信繁は茶々の警護役に指名されました。

まさか茶々を気に入っている秀吉が、
自身をそんな大役に指名するとは思わなかったのではないでしょうか。

情報を信繁に共有するために奥までやってきたきりと話していると・・・。
茶々がタイミング悪くやってきてしまいます。

「二人はいい関係?」

この質問のトゲトゲしさったら無かったですねぇ^^;

あえて「はい」と答えた信繁には、
おそらく二人が恋仲にあるように見せて、
茶々の攻めが自分に向かないようにしようという意図があったのでしょう。

まぁ、一番健全な遠ざけ方ですよね。
ただ、きりが非常に大喜びしていたのは誤算だったでしょうけれど・・・(笑)

秀吉と家康の関係

真田丸 画像

さて、今回の回では、いよいよ秀吉と家康が再会しました。

秀吉の「共によい国を作ろう」という頼み込みによって、
これまで上洛を拒み続けていた家康ですら、
その頭をとうとう秀吉へと下げたのです。

これによって、徳川はとうとう豊臣の傘下となりました。
果たしてこのタッグがどのように歴史を作っていくのか。

最終的には、私たちが知っているとおり、
豊臣と徳川は戦となるわけですが、それでもまずは手を組んだ、
このことには大きな意義があったと言えるでしょう。

間を取り持った信繁の働きもあったのでしょうが、
今回ばかりは自分で頭を下げて家康に頼み込んだ秀吉の人柄、
それが一番効果をもって、家康を従える結果を生んだのではないでしょうか。

今後の二人の関係がどのようになっていくのか・・・。
たのしみです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

当サイト「カチレコーズ」では、今後も毎週「真田丸」の感想を発信していきます。
そして今後の放送のあらすじも合わせて公開していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!!

↓過去の放送分の感想まとめはこちら↓

真田丸・感想記事まとめ

真田丸のあらすじをまとめたページはこちら!

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ