真田丸・第19話「恋路」の感想!~危機~ (ネタバレあり)


真田丸 画像

大阪において、様々な人間模様に振りまわれ信繁もだいぶ強くなってきて、ますます面白い2016年の大河ドラマ「真田丸」
今回は、茶々に振りまわれっぱなしの信繁がひょんなことから窮地を迎えます。

それでは第18話「恋路」の感想を、管理人独自の視点でまとめます!

スポンサーリンク

悲しみを置き忘れてきた茶々

真田丸 画像

その天真爛漫さとは裏腹に、
どこか影のある雰囲気を漂わせている茶々。

これまでの回では、茶々が織田信長の姪であり、
複雑な過去を持っていることがなんとなく匂わされてきました。

一体どんな過去を持っているのか・・・。
その過去が、どのように茶々の生きざまに影を落としたのか。

このドラマに引き込まれている管理人としては、
とっても気になるところです。

茶々自身は普段はとても明るく振る舞っているけれど、
時折放つ言葉の端々に、心の奥底に抱える闇のようなものが見え隠れするような気がするんです。

最初は「あれ?気のせいかな?」とも思っていたりしたんですが、
お気に入りの側近である権三(ごんざ)が井戸で死んでいることが分かったあたりから、
なんとなーくそんな雰囲気を出し始めたような・・・?

一体それがどのようなものなのか、
あれこれと考えを巡らせるものの、
全く思い当たるものがなく^^;

管理人は日本史には明るくないので、
史実の茶々が一体どのような経緯で大阪城に来ることになったのか知りません。
なので、どれだけ頭を巡らせようと結局わからないという・・・(笑)

そして今回、茶々自身の口から、
彼女の過去に一体何があったのかが語られることになりました。

まずは彼女の父、浅井長政が信長によって滅ぼされ(そしてその軍は秀吉に指揮されていて)
兄は信長によって命令された秀吉によって処刑されています。

その難を逃れたのもつかの間、
母が再婚した柴田勝家が秀吉と対立し、またも秀吉によって滅ぼされたそう。
この戦によって、義理の父の勝家と実母の市(いち)は自害。

いよいよ両親を亡くしてしまうのです。
そして、自分の家族をことごとく破壊した秀吉に保護される。

それだけではなく、今度は自分が気に入った家臣まで、
秀吉のためによかれと思った彼の部下に殺されてしまう。

もう悲しくないのだと茶々は言います。

これだけの悲しいことがこれまでにあったから、
もうこれ以上の辛いことなど無いだろうということですね。

天真爛漫さには素の部分ももちろんあるでしょうけれど、
こんな過去のことなんて忘れて、今を楽しむためにそうしている、
そんな意図があるように感じるのは、果たして管理人だけでしょうか。

乙女心は大変だ

真田丸 画像

そんなわけで、今週も茶々に振りまわされる信繁さん。
秀吉から「入ってはならぬ」と固く言われている蔵に行こうと、茶々に誘われます。

ここではっきりと断って行かなければ良かったのに、
ついうっかり流されて一緒に蔵に入ってしまいました。

壁に耳あり、障子に目ありとはよく言ったもので、
この二人の行動が誰かの目に留まり、
城内で噂になってしまうのです。

信繁から見れば茶々への恋心などまったく無い。
だけれど、茶々もそうなのかどうは曖昧で掴みどころがない。

であれば行かなければよかったのに、
そこで押し切られてしまうあたりが、
信繁らしいと言えば信繁らしいですけどね^^;

これで秀吉に責め立てられる窮地に陥ってしまい、
ますます大変な目に遭ってしまう信繁。

ほんと、女心の手綱を握るのはかくも難しいものなのか。。。
命の危険を迎えるほどのやらかしが発生しないことを祈るばかりです。

兄・信幸の苦悩

真田丸 画像

さて、家康の策略により、
本田忠勝の娘である稲が徳川家の養子となることになりました。

で、さらに驚くのは、その稲を信幸の元へと嫁がせたいと言い出したこと。

みなさんご存知のとおり、信幸にはすでにこうという妻があります。
ですが、家康は「離縁すればよかろう」と簡単に言ってのけるのです。

既に徳川家の家臣として使えるよう命じられた真田家からすれば、
完全に立場が上の家康からそう頼まれれば、断ることはできません。

どこからどう見ても辛そうなのにも関わらず、
信幸は結局それを受け入れてしまうのです。

素直に「絶対に嫌です」と言えればどれだけいいか・・・。
この戦国の世。政略結婚が当たり前の世の中ですから、
今と違って、そのように素直な気持ちを言えないのが辛いところですよね。

理不尽だと分かっていても、
家のためだと言われれば涙を飲んでそれを受け入れる。

兄・信幸にはそのような実直さ、
そしてあまりにも強い責任感があるように見えます。

特に今回の放送での信幸の振る舞いを見て、
そのままいつか壊れてしまわないといいのだけれど、と心配してしまった管理人でした。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

当サイト「カチレコーズ」では、今後も毎週「真田丸」の感想を発信していきます。
そして今後の放送のあらすじも合わせて公開していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!!

↓過去の放送分の感想まとめはこちら↓

真田丸・感想記事まとめ

真田丸のあらすじをまとめたページはこちら!

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ