真田丸・ストーリー予告編とあらすじが読めるのはここ!第11話①


真田丸 画像

いよいよ主役たる信繁も妻を娶ることとなりました。
感慨深いとともに、室賀正武を挟んでの徳川との拮抗からも目が離せない NHK の大河ドラマ「真田丸」

この第 11 話では、戦国武将たちの化かし合い、知略と知略のぶつかり合いが繰り広げられます。

このあらすじページシリーズでは、番組を文字情報でも楽しみたいという方のために、
詳細なストーリーを各話ごとにまとめていきます。

一つの記事が長くなりすぎないように、1 話を半分ずつに区切っていますので、
前半の記事を読み終えられたら、まとめページから次の記事へと移動なさってください。

それでは、ぜひ皆さんの楽しい番組視聴にお役立てくださいね^^

スポンサーリンク

真田丸・第11話「祝言」のあらすじ①

家康が浜松城まで正武を呼び出したのは、海士淵に築いている城について、
真田からどんな説明を受けたのか忌憚のない話を聞き出すためだ。

「・・・徳川様が、われら小県衆と手を携えて上杉を抑えるための城と」

正武が答えると、家康が証文を出した。

「安房守と交わした証文じゃ。海士淵の城を預かるは真田のみ。
室賀殿の名もほかの小県衆の名も、どこにも書かれたはおらぬわ」

正武は差し出された証文を読み返し、だまされたと知って、
はらわたが煮えくり返った。

「真田安房守にまんまとやられましたな。お主もわしも」

家康は、正武の怒りを増長させて出ていった。
代わりに正信が、家康の意思として、
昌幸を亡き者にし、正武が小県の惣代になるよう持ちかけた。

正武が苦悩の表情を浮かべて帰るのを、
物陰から信尹がじっと見ていた。

武家における婚姻は家と家の結び付きが大事で、
身分の低い梅は正室になれずに側室となる。

「側室とは、祝言など挙げないものだが、
私はあえて、きちんとやろうと思っている」

信繁の心遣いが、梅はうれしくてたまらない。

信繁の頭を悩ませているのが、京の公家から嫁した母・薫の承諾をどうやって取り付けるかだ。

翌日、信繁はまず昌幸と信幸に、
梅と夫婦になりたいと打ち明けた。
二人とも心から喜び、祝言をについても二つ返事で了承された。

もっとも、内記ときりの落胆は大きかった。
婚姻ばかりか、梅は赤子まで宿しているのだ。

懸念していたとおり、薫は大反対した。
信繁は、薫に承知してほしくて、つい小細工をした。
佐助を使い、あぶった香りを嗅ぐと心地よくなる南蛮渡来の油を薫の部屋に仕掛けたのだ。

香りの効果が表れ、薫が柔和な顔つきになってきたころを見計らって、
信繁が部屋に行き、梅を嫁にする承諾を得ようとした。
ところが、あと少しというときに小細工が発覚し、
かえって薫の気持ちをかたくなにしてしまった。

信繁が困っているのを見かね、昌幸が任せろと胸をたたいて薫の説得に乗り出した。

「お前の目にかなった相手は、ゆっくり探せばよいではないか。
そして改めて正室に迎えようぞ」

昌幸が懇々と諭すと、薫は自分の気持ちに折り合いをつけ、
つと目を上げて昌幸をただした。

「祝言は、やるんですか。私は出ませんから」
「おかしなことを申すな。お梅は側室になるのだぞ。祝言なdやるわけないではないか」

昌幸は、薫の表情を見て否定した。
ここが薫を納得させる落としどころだ。
さりとて信繁への後ろめたさがあり、あとの始末を信幸に押しつけた。

やむをえず、信幸が作兵衛の家に行き、
信繁に祝言が挙げられなくなったと伝えた。
薫が折れ、昌幸は薫の面目を立てた。
信幸もここで妥協すべきだと思うが、信繁は話が違うと納得できない。

「母上と話してくる!」
「やめてください。そんなことで、お方様と源次郎さまがもめてほしくないんです!」

梅が懇願した。
祝言などしなくても、信繁と夫婦になれるだけで幸せだった。

数日後、上田平に築かれていた城が完成した。上田城である。
敵を寄せつけない堅固な造りで、以後、真田の拠点となる。

正武が、落成の祝いに駆けつけた。

「これは誰のための城じゃ」
「もちろん、われら国衆のため」

正武は本心を探ろうとし、昌幸は気取られまいとし、
どちらも目を揺るがせずに見つめ合った。

昌幸は、正武に不審を抱いている。
信尹の知らせでは、家康から浜松城に呼び出され、密談が交わされた節がある。
もし、正武に何もやましひことがなければ、浜松での話をするはずだ。
昌幸、昌相、信幸らでそれとなく確かめることになり、
信幸が苦肉の策で浜松のうなぎを話題にした。

「浜松など、ここ十年、行ったことがない」

正武は明らかに動揺し、そそくさと帰ってしまった。
やはり、家康と何かたくらんでいるのだろう。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

この時代、身分の違いというのは本当に大きな障害となるのですね。
祝言を挙げる挙げないの裏では、正武が徳川と結託して昌幸の暗殺を企んでいました。

これが後半でどのような展開になっていくのか・・・。
隠れ正武ファンの管理人としては、和睦して共に信濃を治める二本柱になるといいのですが、まぁないでしょうね・・・(苦笑)

当サイト「カチレコーズ」では、今後も真田丸のあらすじをどんどん書いていきます。
ぜひブックマークしていただいて、放送の予習・復習にお役立てください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

真田丸のあらすじをまとめたページはこちら!

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ