ナイアガラの滝に来た!感想やカナダ側⇔アメリカ間の行き方も!


当サイト「カチレコーズ」へお越しいただきありがとうございます。
管理人のKazu-yanでございます。

思い返すととても数奇なめぐり合わせと偶然で、
なぜか生まれて初めてのカナダへと行ってきました。

さらに幸運なことに、
ナイアガラの滝に行くという機会が最近ありました。

いや~、こんなことがあるなんて。

せっかくいただいた機会ですから、
全力で心から楽しまなきゃ損ということで、
いい年なのに最高潮にはしゃいできました。

この記事の内容や動画が、
これからナイアガラの滝に行かれる方へ、
少しでも足しになってくれれば幸いです。

スポンサーリンク

まずは旅程のご紹介

はい、そんなわけで、
まずはどのようなスケジュールにて、
ナイアガラの滝へと行ったのかを紹介します。

最初にこれだけは言っておきたいのですが、
ナイアガラの滝へは、一日を潰す覚悟で行きましょう。

管理人は今回カナダ側のトロントに滞在していたため、
トロントから電車にてナイアガラの滝へと向かいました。

朝の7時にホテルを出て、戻ってきたのは夜の12時近く。
行く前はそんなに時間がかかるとは思ってませんでした。

管理人としては、
丸一日の旅程として計画することを強く推奨します。

では旅程です。

ホテル(トロント市内)
↓↓ (徒歩)
Union 駅 (トロント市内)
↓↓ (電車 … Go Train にて約 2 時間)
Niagara Falls Amtrak 駅 (ナイアガラフォールス市内)
↓↓ (徒歩 … 約 3 分)
Niagara Falls Bus Terminal 駅 (ナイアガラフォールス市内)
↓↓ (WEGO バス … 約 20 分)
Table Rock (ナイアガラの滝、カナダ滝の目の前)

こんな感じで、トータルで片道3時間前後の時間がかかります。

事前に周到に乗り換えの時間を調べてから行ってこれなので、
特にその点を考慮せずにノリと勢いで行ってしまった場合、
乗り換え待ちでもっと長い時間がかかると思います。

こ、これがナイアガラの滝・・・

3時間弱の時間をかけてようやく到着したナイアガラの滝。
ついに対面でございます。

今回は、初めて自分で作成した動画にて、
この記事をご覧のあなたにド迫力の滝の様子をお届けしたいと思います。

いかがでしょうか?

カナダ滝をカナダ側から見たこの滝の眺め。
言葉には言い表せないぐらいの迫力がありました。

とにかく感動してしまって、
しばし言葉も出ず・・・。

10分近くもボ~っと眺めた後に、
ようやく我に返ってこの動画を撮った次第です^^;

写真ですとこんな感じです。

ナイアガラの滝 画像

ナイアガラの滝 画像

ナイアガラの滝 画像

ち、血迷ったか・・・!?

意味不明な見出しで失礼。。

ここで管理人、
何を思ったのか、完全に勢いだけで徒歩にてアメリカ側へと渡りました(笑)
(当然間に国境があり通関しないといけない。要パスポート)

ん?

徒歩でアメリカ側に渡る・・・

そうなんです。

ナイアガラの滝とその前後の川を隔て、
アメリカとカナダは国境を接しているのですが、
この川に、徒歩と車で行き来できる橋がかけられているのです。

この橋、Rainbow Bridge という名前で、とっても驚きました(笑)

ちなみに、パスポート提示と手数料(カナダドルで50セント)で渡れます。
もし興味があるという方はぜひ体験してみてくださいね~^^

なお、橋の雰囲気はこんな感じ。

ナイアガラの滝 画像

アメリカ側へと横断すると、
ニューヨーク州へようこそ!的な看板が待ってます。

7

前述のように途中には越境のためのチェックがあり、
アメリカとカナダの税関職員に行き来でアレコレと質問を受けます。

当然話はすべて英語。
会話が成立せずに入国を拒否され帰されている方もそれなりの数いました。

空港で入国する時と同じような質問なので、
入国ができた人は大丈夫だと思いますが、
ここでもきちんと回答できるようにしておく必要があります。

いつ来たの?
入国の目的は?
何時間でカナダに戻るの?
いつ帰国するの?
一緒の人とはどんな関係?(私はソロ活動でしたが・・・^^;)
アメリカ初めて?

などなど。

変にビクビクせずに、
空港同様に堂々と対応すれば大丈夫です!
逆に怪しまれないように、普通にしてればまず問題ありません^^

そしてこちらがアメリカ側の滝の動画。

こっちはこっちで、結構すごい迫力です。

5

ナイアガラの滝 画像

ただ、景観としてはカナダ側からの眺めの方が、
圧倒的に綺麗で迫力がありますね。

アメリカ側もアメリカ側で、
滝の下まで下りられるツアーもあったり、
なかなかアトラクションが充実しているんですけどね^^;

眺めと迫力としてはカナダ側からの方が、
より良いように管理人は感じました。

トイレやレストランなどの設備

ナイアガラの滝というと、
大自然の中にあってトイレとかご飯食べられるところとか、
そんなに充実していなくて大変なんじゃないかと思われるでしょう。

当然、管理人もそのような気持ちで現地へと向かいました。
入念に電車やバス停でもトイレに行っておいたぐらいです(笑)

しかし現地に着いてみると驚き。

周りは超開発されていて、
ホテルやカジノ、お土産屋さんにレストランだらけ
^^;
何一つ困らないレベルで充実しまくっていたのです

まぁ悪いことは何も無いのでいいんですけどね。

雄大な大自然」のイメージで行くと面食らうので、
これだけは先に言っておきたかったんです、はい。

そんなわけで、トイレもたくさんあります。
ご飯も食べたい時に食べられます。

ぜひ安心して、ナイアガラの滝を訪れましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

当サイト「カチレコーズ」では、今後もあなたの役に立つ観光地情報を発信していきます。
ぜひブックマークしていただいて、定期的に遊びにいらしてくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ