LINEのクローンに潜むリスク?プライバシーを守る防止策!


LINEクローン 画像

本サイト「カチレコーズ」にお越しいただきありがとうございます。
管理人の Kazu-yan でございます。

ベッキー & ゲスの極み乙女の川谷絵音の不倫問題で一躍有名になった、
LINE でのやり取りが流出してしまう問題

本来本人しか知りえないはずの情報が、
自分の知らぬところで第三者に漏れ把握されているとしたら・・・。

LINE と iTunes の技術的な仕様が原因と言われていますが、
初歩的な防止策を講じれば、他人にのぞかれてしまう心配も無くせます。

今日は、クローンが作られてしまう仕組み
そして、それを防止するための方法をまとめます。

スポンサーリンク

LINEのクローン端末はこうして作られる

LINEクローン 画像

LINE には本来 1 端末 1 アカウントしか使用できない制限があります。
仮に自分が iPhone と iPad の両方を所有していたとしても、
そのどちらかでしか LINE のアカウントを用いたやり取りはできません。

唯一の例外は PC 版の LINE です。
こちらは、同一アカウントでスマートフォン/タブレットとは別に同時利用することが可能です。

ただし、PC 版の利用を開始するためには自分の携帯端末で SMS を受信し、
そのコードを端末の LINE の画面に入力する本人認証が必要で、
第三者が勝手にアカウントにログインすることはできない仕様になっています。

また、PC 版 LINE でログインするたびに、携帯端末側の LINE にはその旨の通知が届きます。
この方法によって、本人は自分以外の第三者が万が一自身の LINE アカウントにログインした場合気づくことができるのです。

しかし、今回の LINE 流出問題は全く別の手法によって作られたと推察されています。
いくつか手法はあるものの、最も可能性が濃いのは「LINE クローン」を作る方法だと言われています。

LINE クローンと聞くと非常に難解なように聞こえますが、その作り方は非常に簡単です。

本人が iTunes にバックアップしている iPhone や iPad の完全バックアップを基にして、
別の iPhone や iPad にそのバックアップを復元してしまえばいいのです。

もしくは、本人が機種変更した後に旧端末を放置している場合は、
その旧端末で Wi-Fi 接続することにより、引き続き LINE を受信し続けることが可能なのです。

ただし、「iPhone/iPad のバックアップを暗号化」にチェックが入れられバックアップされている必要があり、
このチェックが入っていない状態の場合はクローンは作成できません。

暗号化されたバックアップから復元を行った場合、
その端末で LINE を起動しても ID 等の入力は求められずそのままログインできてしまいます

暗号化されていないバックアップから復元を行った場合には、
その端末で LINE を起動すると ID、パスワードや PIN の入力が求められるため、本人以外はログインできません。

この、「暗号化されたバックアップから復元する」というのが、
この記事で言うところの「クローンを作成する」ということにあたります。

管理人自身も、この問題の後にクローンを製作してみましたが、
見事自分が以前に利用していた iPhone 5 にも LINE の最新のやり取りがダウンロードされてきました。

余談ではありますが、川谷さんの奥さんが、今回の流出犯である可能性が高いと言われる理由もここにあります。

本人の iPhone や iPad がバックアップされている PC があるのは本人の家だけでしょうし、
かつ、本人が機種変更する以前の古い端末を置いていてるのも家以外にあり得ないですよね。

こんな簡単な方法でクローンは作成されてしまいます。
皆さんもぜひお気をつけください。

LINE のクローンを他人に作らせない防止策とは?

LINEクローン 画像

LINE クローンが作られてしまうことを防止する手法として考えうるものはいくつかあります。
以下に列挙しましたので、1 つまたは複数の方法を組み合わせて利用されることをおすすめします。

① iTunes でのバックアップ作成時に「iPhone/iPad のバックアップを暗号化」にチェックを入れない

前述したとおり、暗号化されたバックアップから復元を行った場合には、
復元された端末の LINE で ID やパスワード、PIN の入力を求められることはありません。

そのため、このチェックを入れずにバックアップを作成することで、
クローンが意図しない第三者に作成されてしまうことを防止することができます。

ただし、PC 本体が紛失・盗難された場合のリスクは大きくなりますので、
この方法はベストなものとは言えません。

② 自宅にある固定された PC に iTunes のバックアップを作成しない

iTunes のバックアップからクローン iPhone と LINE が作成されてしまうというなら、
そもそも自宅にある固定 PC (デスクトップに限らず持ち運んだりしない PC) には、
バックアップを一切作成しない
という方法も有効な手段のひとつです。

自宅固定の PC と持ち運び用の PC の 2 台を運用している場合は、
持ち運び用にのみバックアップを作成し、かつ厳重なセキュリティを用いて、
第三者がそもそも PC にログインできないようにしてしまえばいい
ということになります。

仮に自宅固定の 1 台しか PC が無いという場合は、
家族とは OS のユーザーアカウントを完全に分離し、
自分のバックアップには触れられない状態にしておく
ことも有効です。

これ以外の方法として、iCloud にバックアップを作成してしまい、
PC 上にはそもそもバックアップを作成しないでおく方法
がありますが、
万が一のことを考えるとバックアップは作成しておくに越したことはありません。

③ 機種変更前の旧端末は必ず初期化して処分する

この方法は、② の方法と組み合わせるとベストです。

機種変更してしまうと、新しい端末にばかり集中して旧端末の取り扱いがどうでもよくなってしまうもの。
ですが、これが LINE のクローン端末を作成させてしまう元凶になり得るのです。

機種変更する場合には、必ず旧端末は初期化した上で厳重にパスワードをかけておくか、
旧端末そのものを下取りなどに出して自宅に放置することの無いようにしましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

実に簡単な方法で LINE のクローンは作られてしまい、
漏れた情報が不幸を生むことは十分にあり得ます。

一番好ましいのは、バレて困る秘密は作らないことですが、
それが難しいという隠し事の多い方は、ぜひこの手法で防止策を講じましょう。

本サイト「カチレコーズ」では、今後も皆さんのお役に立つ情報をどんどん発信していきます。
ぜひブックマークしていただいて、お時間のある時にでものぞきにいらしてくださいね^^

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ