マイナス金利をなぜ導入?メリットデメリットや住宅ローンへの影響は?


マイナス金利 画像

2016 年 1 月 29 日

この日、日本銀行は、市場へのマイナス金利導入を金融政策決定会合で決定しました。

その日のうちにこのニュースは日本中を駆け巡り、
金融政策に明るくない人々までが、「何かがヤバい」雰囲気を感じ取ったのです。

かく言う管理人も金融政策のことはちんぷんかんぷん。
マイナス金利が導入されたからって、自分の生活にどんな影響があるのかなんて分かりません。

ですがこの時代、「知らなかった」で損をしては勿体ない!
ひとまず最低限のことは調べて身を守れるようにしよう。そう決めたのでした。

で、分かった情報をできるだけ簡単にまとめたのがこの記事というわけです。
ちょっとでも皆さんの「知りたい」のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

マイナス金利はなぜ導入された?

マイナス金利 画像

一番の目的は、黒田総裁が就任時に目標として掲げた物価上昇率 (インフレ率) 2% を達成すること。
日本市場は長期のデフレにあえいでいて、未だにデフレ脱却の兆しは見えていません。

ここでマイナス金利を導入し、金利全体の水準をさらに引き下げることによって、
民間金融機関の貸し出しを伸ばすといったことで経済をもっと動かすことにその導入の意図があります。

黒田総裁は就任初期に「黒田バズーカ」と呼ばれる異次元の金融緩和を行い、
市場を刺激して民間の消費を増加させることによって景気を良くしようとしました。
しかし、未だその好影響は国民全体に行きわたっているとは言い難いのが現状です。

日経平均株価を構成する大企業の株価と賃金は確かに上昇しましたが、
あくまでもこの恩恵を受けたのはピラミッドの上の方に位置する人たちだけ。

中間から下の下請けや孫請け企業や中堅中小企業にとっては、
正直あまり変化があったとは言えない状況です。

就任から数年を経ても未だ明確に景気が回復したとは言えない。
つまり、今や黒田日銀は八方ふさがりの状況にあるわけです。

この状況を打破するための大きな一手が「マイナス金利導入」というわけです。

マイナス金利のメリットデメリットは?

マイナス金利 画像

マイナス金利導入が私たちの生活にどんなメリット・デメリットをもたらすのか。
これだけ騒がれているんですから、当然ある程度は知っておきたいですよね。

ざっくりとまとめると、↓ のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

金融機関からお金を借り入れる際の返済金利が下がる可能性があります。

「可能性がある」と含みを持たせたのには理由があります。
日本はただでさえ長期的なデフレスパイラルから抜け出せずにいる状況です。

そんな中でも銀行はできるだけ個人から金利収入を得るためにローン金利を究極まで下げています。
つまり、もう既にこれ以上下げる銀行が金利を下げる余地はほとんど無いという状況なのです。

とは言え、ローンを組む場合は高額な金額を借り入れることがほとんど。
0.01 % でも下がってくれた方がありがたいという人は多いでしょうから、
どんなに下げ幅が小さくとも、管理人的には歓迎したいと思いますけどね^^;

デメリット

定期預金や長期預金による利息率がさらに低減することは確実とみられています。
つまり、せっかく銀行の定期預金などの商品を契約しても、資産を安定的に増やすことがますます難しくなります。

とは言え、ローンの金利率と同じで、個人向け預金商品の利息なんてすでに限界まで下がっていて、
今さら下がったところで大勢に影響は無いという状況なんですけどね・・・。

こういった、銀行にとっては収入が目減りする状況が今後発生することから、
銀行が取り扱い手数料を上げたりするという、副次的なデメリットが生じることも懸念されています。

マイナス金利の住宅ローンへの影響は?

マイナス金利 画像

↑ のメリットでも述べましたが、住宅ローンを含むローン商品の金利はすでに限界まで下がっています。
これ以上下がったところで正直そこまで大きな影響は無いといっても間違いないでしょう。

ただし、銀行はこれまで以上に綱渡りの経営を行わなくてはなりますから、
過去よりも今後の方が、多少ローンに対する審査の目は厳しくなる可能性はあるはずです。

実際どこまでそれが厳しくなるのかはまだはっきりと表に現れていませんが、
今後数年で顕在化してくることは確実とみられています。

今すぐにローン借り入れをすることが必須という状況でなければ、
今しばらくは市場の様子を見つつ検討を継続するという防衛も必要になるかもしれませんね。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

この記事では、マイナス金利の影響の中でも、本当に概要部分のみに触れています。
日本銀行が発表を行ってから以降、すでにたくさんの情報源が世の中に出てきていますので、
気にある方はぜひそういった情報源や金融関係の雑誌を読んでみてください。

ナナメ読みせず、2、3 回繰り返し記事を読むだけでも、今回の導入にどんな意味があるのか、
なんとなくではありますが見えてくるはずです。

さて、当サイト「カチレコーズ」では、今後も皆さんのお役に立つ情報をどんどん発信していきます。
ぜひお気に入りに登録していただいて、定期的に見にいらしてくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ