引っ越しトラブルに注意!予算超え・NHK・盗まれたなんてことも?


引っ越し 画像

たくさんの方が頭を抱える可能性を秘める一大イベントである「引っ越し
来る新生活に胸を膨らませたり、未知の体験に不安を抱えていたり、
人生においても大きな転機となることが多いタイミングですよね。

そして、引っ越しにおいて避けて通れないのが「トラブル」です。
特に引っ越しでは、想定もしていなかったようなトラブルが頻発するもの。

今日は特に引っ越しで発生することが多いトラブルと、
その問題への対処方法をわかりやすくまとめます。

スポンサーリンク

引っ越しトラブルに注意!?

引っ越し 画像

さて、前述のとおり「引越し」には数多のトラブルがつきまといます。

初めての一人暮らしというシチュエーションだけでも

・予約が取れない
・不必要な高い引っ越しプランを契約してしまう
・不要な新聞勧誘を断れない
・宗教の勧誘に四苦八苦する

など、前後でたくさんの問題が発生する可能性があるのです。
もちろん一人暮らしに向けた引っ越しに限らず、
大小さまざまな問題があなたを襲う可能性があります。

ぜひこのページを熟読していただいて、問題を回避できるようになりましょう。

引っ越しトラブルその①「予算超え」

引っ越し 画像

引っ越しを実際に業者に依頼する際に最も多く発生するのがコレです。

特に引っ越し繁忙期の 2 月後半から 3 月、そして 4 月に多いのですが、
きちんと早期にプラン立てておくことで回避することができます。

最も大切なポイントは、「とにかく早期に予約する
これに尽きます。

繁忙期に入ってしまうと、すでにどこの引っ越し業者も予約でいっぱい。
仮に空いている場合でも自分の予定と合わなかったり、
通常価格の数割増しの料金を提示されたりと、
ギリギリの駆け込みには、とにかくいいことがありません。

ありがちなパターンは、年末前から引っ越し業者各社の標準金額を調べて、
頭に入れてはみたものの、予約を先延ばしにしてそのまま繁忙期を迎えるケースです。

こうなると、差し迫って引っ越しは避けられない。
でも、業者の予定もいっぱい、高額な料金でなら対応できると言われ、泣きっ面にハチなんてこともあり得ます。

繁忙期ともなれば、業者の提示金額は通常時期の 2 割、3 割増しもザラです。
そのお金があれば家具を揃えたり、新生活に必要なアレコレに出費したりできます。
そんな勿体ないことを防ぐために、ぜひ早い段階で業者は予約してしまいましょう。

引っ越しトラブルその②「NHK受信料契約の魔の手が迫る」

引っ越し 画像

NHK に限らないのですが、とにかく多いのが「○○ を契約してほしい」という勧誘系トラブルです。

NHK ならまだいい方で、新聞勧誘、インターネット、宗教、悪質訪問販売など、
世間には枚挙に暇がないほどの不必要な招かれざる客がいるのです。

一番いいのは、モニターがついているインターホン付きの住居を選ぶこと。
これが付いていない物件であれば、事前のアポがない訪問には絶対対応しないこと。
宅急便を依頼するときには、必ず相手に時間を指定もらうこと、などなどが有効です。

キーとなるのは「約束のない訪問は無視する
これに尽きます。

特に NHK、新聞、インターネット等の勧誘は、
一度契約してしまうと解約が面倒になってズルズルと料金を取られがちです。

テレビを見ないのであれば NHK はきっぱり断る。(というか出ない、対応しない)
新聞もインターネットも必要でない限り出ない、話を聞かない、対応しないことが大事です。

あまりにもしつこい、常識に欠ける対応をされるという場合は、
毅然と「警察呼びますね」とはっきり告げ、すぐに 110 番通報しましょう。

引っ越しトラブルその③「アレが盗まれた!」

引っ越し 画像

これも相当によく聞くトラブルです。

荷造りをした段ボールと家具を運んでもらうだけの単身パックならあまり無いのですが、
家の中に複数人が入り込んで、荷造りから対応してもらえるプランになってくると、
この手のトラブルが頻発します。

特に多いのは、ポケット等に入れられて、かつ高額な物品の盗難です。

・時計
・高級ブランドの小物
・アクセサリー
・小さなガジェットや家電
・現金

こういったものは、特に隠しやすく、すぐに盗まれる可能性が高いです。

時計やアクセサリーになってくると、
記念日や誕生日、祝い事でもらったものなのに・・・
なんてこともよくあるでしょう。

引っ越しという新生活に向けたイベントで、
そんな大切なものが無くなってしまったら、目も当てられません。

引っ越し業者には、その日限りの日雇いアルバイトがいることも多く、
あとからクレームを入れても疑わしい相手も追跡できないということもザラなんだとか。

そんなことにならないよう、以下のことを守るようにしましょう。

・家族以外の人間がいる現場からは決して目を離さない
・複数個所に他人が散らばらないよう、荷物は事前にできるだけ一か所にまとめておく
・家具の中や目につく場所に盗まれて困るものを置かない
・高価なものな事前に安全な場所に移動しておく

こういったことを実践するだけで、
気がついたら ○○ が無くなっている」ということが防止できます。

大げさな話のように聞こえるかもしれませんが本当なんです。
自分を守るためだと思って実践してみましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

当サイト「カチレコーズ」では、今後も皆さまのお役に立つ情報を発信していきます。
ぜひお気に入りに登録しておいていただいて、お手すきの時にでものぞきにいらしてください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ