電力自由化の個人向けメリット/デメリットは?セット割はお得なの?


電力 画像

当サイト「カチレコーズ」へお越しいただきありがとうございます!
管理人の Kazu-yan でございます。

2016 年 4 月より、いよいよ「電力自由化」が始まることとなりました。
この電力自由化によってどんな良いことが私たちの暮らしに起こるのか?

今日は具体的なメリットやデメリット、仕組みなどをまとめます!

スポンサーリンク

電力自由化ってそもそも何?

電力 画像

平たくいうと、「これまで住んでいる地域の●●電力としか電気の契約ができなかったものが、
今後様々な電気の小売を行う事業者を自由に選択し、契約できるようになります
」という変更を指します。

関東地域では東京電力、東北地方では東北電力というように、お住まいの地域にある既存電力会社としか、
個人が電気の使用契約を締結することはできませんでした。

今後は、発電・送配電・小売のうち、「小売」が自由化され、
PPS (特定規模電気事業者) が電力供給を行い販売することができるようになります。

電力 画像

最近は「ENEOS でんき」だとか 「au でんき」といったように、
PPS として電気の小売事業に新規参入を果たした会社が活発に広告展開をしたりしています。
これらの事業者は、いわゆる地域の電力会社である●●電力から電気を買い、顧客に再販する手法で販売を行います

また、同じように広告展開をしているものの、これら PPS とは異なる手法で参入しようとしているのが、
ソフトバンクや Ponta ポイントを運営するロイヤリティマーケティングといった会社です。

どちらの手法でも、自社の通信契約とセット売りしたりだとか、電気料金に対して Ponta ポイントを付与するといったサービス方法で、
顧客の囲い込みを目指しているのです。

このように市場に競争が生まれることにより、将来は電気料金がより安価になるといった見方もあるようです。

電力自由化の個人向けメリットとデメリットは?

電力 画像

電力自由化がどのようなものなのか、なんとなく把握していただけたでしょうか?
ここからは、この変更によって私たちにどのようなメリットやデメリットがあるのかを説明していきます。

メリット

今使用している電気料金がより安価になる可能性があります
可能性がある」というのは、そうでない場合も当然あるための表現です。(後述します。)

ここまで触れた通り、今回の変更によって実に様々な事業者がこの市場に参入してきます。
各事業者がどのような販売サービスを提供するのかも様々です。

その中で、あなたの住まいと望む条件に合う事業者が見つかり、今より安価が条件が受けられそうであれば、
それらの事業者と契約することでより安価に電気を使用することができるようになります。

ただし、誰しもがそうなるとは限らないので注意が必要です

例えばマンションに住んでいる場合。
各戸が個別に電力会社と契約している場合は問題ありませんが、
建物全体で契約している場合は、そもそも自分の好みの事業者を選択することができないという問題が発生します。

そうなると、せっかく自由化しても今より安価にサービス提供する事業者を選ぶことはできませんので、
今回の変更のメリットを享受することができないということになります。
マンションにお住いの方は、ご自身の状況をご確認いただくことをおすすめします。

デメリット

当面のデメリットとして考えられるのは、
自分自身でピッタリの事業者を探し、選択し、契約しなければならないということ
手間がかかりますし、これまで無かった概念でもあるため、考えること自体が非常に面倒です。

どのような事業者があるのか。各事業者がどのようなサービス提供をするのか。
そういった情報を広く確認し、自分にぴったりのプランを見つけなければいけなくなりますので、
そういったことが嫌いな方にとっては、非常に大きな負担がのしかかることとなります。

ただし、今契約している●●電力から会社を必ず変更しなければならないということではありませんので、
面倒すぎて今契約しているままで一向に構わない」という場合には、そのままでももちろん OK です。

電力自由化でよく聞く「セット割」ってなに?

電力 画像

簡単に言うと、事業者のサービスと電気の供給契約をまとめて割引付で販売することを言います。
ここでは簡単にジャンルと、そのジャンルの会社が行うことが予想されるセットの例を挙げていきます。

自分がよく使用する、もしくは使用を検討している事業者のサービスがもしあれば、
セット割りによって今よりもお得に電気を使うことができるようになる可能性があります。

ぜひ各社の情報を見ていただいて、よりお得なサービスを見つけて契約したいものですね^^

注:あくまで管理人の独自調査による例です。必ずこういった割引やサービスが提供される保証があるわけではありません。

通信

携帯会社、電話会社、インターネット会社などがセットで電気の小売を行う場合です。

・通信料金の割引
・電気料金に各会社が付与するポイントを付与する
・通信会社のホームページ内で電気の使用状況や料金などがまとめて見えるようになる

コンテンツサービス

ケーブルテレビ会社がコンテンツやインターネットサービスに加え電気の小売を行う場合です。

・ケーブルテレビやインターネット契約とセットで電気料金を割り引く

エネルギー

ガス会社やガソリン製造・販売会社が電気の小売を行う場合です。

・電力とガスといったエネルギーを一括で共有し割り引く
・時間帯によってガスと電気を使い分ける提案をし、より安価にトータルコストを減らす方法を提案

不動産

不動産会社が電気の小売りを行う場合です。

・家賃や敷金礼金とともに電気料金を割り引く
・電気料金にポイントを付与する

さいごに

いかがでしたでしょうか。

当サイト「カチレコーズ」では、今後もあなたのお役に立つ情報をどんどん発信していきます!
せひブックマークしていただいて、こまめに見に来ていただけると嬉しいです。

これからも、電力自由化によって最大限のメリットを得られるよう、いろいろと情報収集していきましょう!
また、

「自分がどんな会社と契約できるのか知りたい」
「そもそもどんな会社が電気の小売に参入するのか知りたい」

そんな場合には、こちらのエネチェンジというサイトを見てみると便利です。
各事業者のサービスや電力自由化にまつわる様々な情報が豊富にまとめられています。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク


関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ